“php.validate.executablepath~” – VSCodeでのXAMPPとMAMPのパスの通し方

更新日:

VSCodeを起動したら上記の画像のようなエラーが表示された。

『Cannot validate since a PHP installation could not be found. Use the setting ‘php.validate.executablePath’ to configure the PHP executable.』

これを翻訳すると。

『PHPのインストールが見つからないため、検証できません。PHP実行可能ファイルを構成するには、設定 ‘php.validate.executeablePath’ を使用します。』

とのことでした。つまり、PHPの検証ができないので構文エラーでエラー表示されないままです。これではまずいので、PHPの実行可能ファイルのパスを通します。

『設定を開く(Open Settings)』をクリックしsettings.jsonを開きます。

もしポップアップを削除してしまった場合はctrl + shift + psettings.jsonと検索でヒットするのでそちらから開いてください。

MAMPの場合

Windowsの場合

"php.validate.executablePath": "C:/MAMP/bin/php/php8.0.1/php.exe",

Macの場合

"php.validate.executablePath": "/Applications/MAMP/bin/php/php8.0.1/bin/php",

XAMPPの場合

Windowsの場合

"php.validate.executablePath": "C:\\xampp\\php\\php.exe",

Macの場合

"php.validate.executablePath": "/Applications/XAMPP/bin/php",