VSCode – ワークスペースにフォルダを追加するショートカット設定(Windows)

更新日:

ワークスペースにフォルダを追加するにはキーボードショートカット設定で独自のショートカットを登録する必要がある。

デフォルトではctrl+k, ctrl+oでフォルダを追加できる設定にはなっているが他のショートカットキーとかぶっているので設定からお好みのショートカットに変更する必要があります。

フォルダを一つだけワークスペースに追加したい場合は「設定方法 1」複数のフォルダをワークスペースに追加したい場合は「設定方法 2」をご覧ください。

設定方法 1: フォルダを1つだけ登録

ctrl + shift + pを押しpreferences: Open Keyboard Shortcutsと入力しEnter。

続いてworkbench.action.files.openFolderと入力します。一番上のヒットしている項目がワークスペースにフォルダを追加するショートカットになります。

ダブルクリックしたらあとはお好みのショートカットキーを割り当てるだけです。

ショートカットキーを設定する際は他のショートカットと被らないように気を付けてください。

keybindings.json

ctrl + shift + popen Keyboard Shortcuts(JSON)と入力しEnter。そしたら下記のコードをペーストし"key"でお好みのショートカットを設定すれば完了です。

追加する際は,を忘れずに。

{
"key": "ctrl+shift+o",
"command": "workbench.action.files.openFolder"
}

設定方法 2 : 複数のフォルダを登録

ワークスペースに複数のフォルダを登録したい場合はworkbench.action.addRootFolderにショートカットキーを設定します。ctrl + shift + pを押しworkbench.action.addRootFolderと入力しEnter。

後はお好みのショートカットキーを登録するだけ。

keybindings.json

ctrl + shift + popen Keyboard Shortcuts(JSON)と入力しEnter。そしたら下記のコードをペーストし"key"でお好みのショートカットを設定すれば完了です。

{
  "key": "ctrl+shift+o",
  "command": "workbench.action.addRootFolder"
}