Razer BlackWidow Lite 英語(US)配列 – レビュー

更新日:

WindwosキーボードでUS配列のをネットで探していたところ「Razer BlackWidow Lite」に出会い、一目惚れをしてしまい購入しました。私はキーボードオタクではないので素人目線でのレビューになりますので、ご理解いただいた上でお読みください。

開封の儀

Razer BlackWidow Lite ブラック-US配列

しっかりと梱包されていました。両端にシールが張っていました。たまに海外のだとシールされてなくて簡単に開け閉じされているものもありますが、こちらはしっかり梱包されていました。

そしてテープをはがして開けてみるとさらに箱が。二重梱包法ってやつですね。

パッケージ内容

そして開けてみるとこんな感じ。

中に入っているのを取り出すとこんな感じ。

パッケージ内容

パッケージ内容

技術仕様 / デザイン

メーカーRazer
シリーズBlackWidow
対応OSWindows
Razer Synapse3Windows® 7 64-bit 以降
キーボードタイプ85%テンキーレス
ケーブルマクロ USB Type-B
バックライトトゥルーホワイト LED バックライト
本体サイズ361 mm(長さ) x 133 mm(幅) x 36.2mm(高さ)
本体重量660.9 g
カラー黒 / 白
配列日本語配列 / 英語配列
スイッチ構造メカニカルキーボード
軸色オレンジ
キーキャップ標準ABS
接続仕様有線のみ

色の変更について

色の変更はできません。単色の白(トゥルーホワイト LED バックライト)のみになります。

光の調整について

色の調整はfuキーを押しながらF11,F12で調整することが可能です。光の調整は1-20段階まであります(1段階はバックライトなしの状態、20段階は最大)。

バックライト – 1段階
バックライト – 20段階(最大)

ちなみにカーソルキーの上にロゴがあるのですが、こちらはバックライトで光りません。

外観

Caps Lockがオンの状態だと下の状態のようにバックライトが緑になります。オフにすると他のバックライトと同様に白になります。

そして横からのアングルにまります。

角度調整が1段階変更できるデザインになっています。

裏面は滑り止めのラバーが張っています。使用感としては軽く動かしただけでは動かなかったです。

そして最後にUSBの位置は右上になります。

打鍵音 / 金属音について

YouTubeで色々な動画を見ましたが、下記の動画の音が実際に打った時の感覚と近かったので紹介します。

公式は静音と謳っているが、かなり打鍵音は大きいと思っていたほうがいいかと思います。

金属音に関しては特に気にならなかったですが、spaceキー、enterキーは結構響くのが感じました。気になる人にとっては気になるのかなと。

さすがに浮かして思いっきり叩けば金属音はしますが、通常使用で気になるところはspaceキーぐらいでした。

取扱店舗

ビックカメラはポイントで安く購入できるのでポイントがある人はおすすめ。

個人的な感想

Razer BlackWidow Lite – マスターガイド

https://dl.razerzone.com/master-guides/RazerSynapse3/BlackWidowLite-00000565-ja.pdf